○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
ACM SIGMOD 日本支部 講演会
「SCCH - Linking Science to Industry」
Prof. Werner Winiwarter (University of Vienna)
参加募集

2001年5月29日(火)
11:00-12:00
  東京大学 生産技術研究所 駒場第2キャンパス
     E棟/西側/5階会議室C (Ew−503) 
主催:ACM SIGMOD Japan Chapter
URL: http://www.sigmodj.is.uec.ac.jp
○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

講演会は、明日であり、連絡が遅れて申し訳ございません。
参加費は無料でございます。積極的な御参加お待ちしております。
参加希望の方は、有川( arikawa@csis.u-tokyo.ac.jp )まで、できれば
事前に連絡お願いいたします。しかし、連絡が遅れましたので、当日
飛び込み参加も可能です。会場の大きさが限られておりますため、
定員となり次第締め切らせて頂きます。
#新しい生産技術研究所(駒場)が御覧になれます。

SIGMOD会員にまだご登録いただいてない方は、SIGMODホームページにて
http://www.sigmodj.is.uec.ac.jp )にて登録お願いいたします。

Winiwarter先生のご講演では、情報科学の産業界への積極的な橋渡しの活動
の内容とその意義に関しまして、オーストリアの事例をご紹介していただき
ます。日本においても、このような産業界とのリンクは重要になるのは明ら
かであり、情報科学の研究者(特に、大学の研究者)のあるべき活動体制の
良い例をご紹介していただけるものと思います。

有川正俊@東大

-----------------------------------------

講演会 

タイトル: SCCH - Linking Science to Industry
講演者:  Prof. Werner Winiwarter (University of Vienna)
日時:   2001年5月29日(火) 11:00〜12:00
場所:   東京大学 生産技術研究所 駒場第2キャンパス
  E棟/西側/5階会議室C (Ew−503) 

         場所が非常にわかりにくいかと存じます。
      ご不明な点は、どうぞこちらまでお電話ください。
      喜連川教授室 TEL:03-5452-6254

   交通:   小田急線・東北沢駅、徒歩8分
    小田急線・地下鉄・代々木上原駅、徒歩12分
   京王井の頭線・池ノ上駅、徒歩8分
      京王井の頭線・駒場東大前駅、徒歩8分 
最寄りからのアクセス:
http://www.iis.u-tokyo.ac.jp/map/index.html
参加費用  無料 

申込先   arikawa@csis.u-tokyo.ac.jp
問合先   有川正俊(東京大学空間情報科学研究センター)

SIGMOD-J ホームページ http://www.sigmodj.is.uec.ac.jp

-----------------------8<---------------------

申込書   arikawa@csis.u-tokyo.ac.jp 宛て
     氏名:
     所属:
     SIGMOD会員登録  □済
     どのようにして本講演に関する情報を得られましたか?

-----------------------8<---------------------

======================================================================

Title: "SCCH - Linking Science to Industry"

Abstract: The Software Competence Center Hagenberg (SCCH) is the leading Austrian
research institution in the area of advanced reserach on integrated,
interdisciplinary software solutions. It offers a wide spectrum of
competence; software technology, database technology, knowledge-based
technology, symbolic computation, and numeric computation. The main goal
of the SCCH is to be a mediater between science and industry, which we
achieve through a large network of academic and industrial partners.
In this presention we give first a general introduction to the SCCH:
its mission, organization, partners, staff, and research focus.
In the second part of the talk we provide some examples of currently
active reserach projects. Finally, we introduce the strategic theme for
our future reseach. Ubiquitous Business - the vision of the information
access. Ubiquitous business will make it possible that one can perform
business transactions anytime from anyplace. To achieve this goal a
holistic approach is necessary, which integrate numerous key technologies
such as spontaneous networking, human language technology, personalization,
or security.

CV: Prof. Werner Winiwarter is the Scientifil Director of the SCCH. Besides
this, he is aslo Guest Professor at the Resarch Institute for Symbolic
Computation, Johannes Kepler University of Linz and Associate Professor
at the Institute for Computer Science, University of Vienna. He is a member
of ACM, IEEE Computer Society, ACL, SIGNLL, SIGSEM, SIGGEN, and OCG. Prof.
Winiwarter is the Program Chair of DaWak 2001, General Chair of IIWAS 2001,
Treasurer Chair of ICDCS 2002, Workshop Chair of NLIS 2002, and a proram
committee member of several international conferences and workshops.
======================================================================