トップページに戻る

第38回先端的データベースとWeb技術動向講演会(ACM SIGMOD 日本 支部第75回支部大会)

CIKM2020国際会議報告

日時:2020年12月26日(土)
開催場所:オンライン
主催:ACM SIGMOD 日本支部,日本データベース学会
支部長:灘本 明代

参加申し込み

締め切りは2020-12-26とさせて頂きます.なお,会場の収容人数に限りがございますので,収容人数を越えましたら そこで申込みは締め切らせて頂きますので,ご了承下さい.

参加費

  • 無料
  • 日本データベース学会の非会員・非会員学生、ないしは、正会員(フルアクセス権無) の方々で、講演資料が必要な方は、3,000円で申し込んでいただくことができますので、その旨を参加登録ページの「事務局への連絡」のところに記載して下さい。

プログラム

10:00 開会挨拶
 
10:00-10:40 「CIKM2020国際会議報告(1)」
   講演者:加藤 郁之(京都大学)
 
   概要:本講演では2020年10月19日から23日にかけてオンラインで開催された
     CIKM2020について報告する.まず,会議の概要や傾向,会議全体の雰囲気を
     紹介する.さらに,Carlo Curinoによる機械学習とデータベースの関わりに
     関するキーノート講演について報告する.
 
10:40-10:55 〈休憩〉
 
10:55-11:35 「CIKM2020国際会議報告(2)」
   講演者:高木 駿(京都大学)
 
   概要:Xin Luna DongによるWebからの知識抽出に関するキーノート講演につい
     て報告する.さらに,Best Paper Awardを受賞したVan-Hoang Nguyenらによ
     る "FANG: Leveraging Social Context for Fake News Detection Using
     Graph Representation" など,講演者が興味深いと感じた研究をいくつか取
     り上げて紹介する.
 
11:35-11:50 〈休憩〉
 
11:50-12:30 「CIKM2020国際会議報告(3)」
   講演者:鄭 舒元(京都大学)
 
   概要:Michel DumontierによるFAIR原則に関するキーノート講演およびTimnit
     Gebruによるキーノート講演について報告する.さらに講演者が興味深いと
     感じたプライバシーやクラウドソーシングに関する研究をいくつか取り上げ
     て紹介する.(CIKM2020国際会議報告(3)は英語での報告となります.)
     The keynote speech on the FAIR data principles by Michel Dumontier
     and the keynote speech by Timnit Gebru are reported. In addition,
     some research papers on privacy and crowdsourcing that I found
     interesting are reported. (This session is in English.)
 
12:30 閉会